KNOWLEDGE

【運用効率化!】Yahoo!アドカスタマイザーの入稿手順とおすすめ活用法

皆さまこんにちは。
Yahoo!検索広告で、6月22日 (水)より「レスポンシブ検索広告(RAS)」にてアドカスタマイザーを利用することができるようになりました!

アドカスタマイザーとは、広告文を条件に合わせて変更できる機能で、これまでは「拡大テキスト広告」と「動的検索連動型広告」でのみ設定できるものでした。

「アドカスタマイザー」と聞いて広告運用を始めたばかりの方は、そもそもどんな機能なの?どのようなケースの時に使用するの?と頭に「?」が浮かぶことも多いのではないでしょうか。

そんなアドカスタマイザーの「?」を解消することで、煩雑な入稿作業を回避することができたり、広告文の変更ミスを減らせるかも知れません。

作業効率アップから広告の効果的な配信まで、さまざまなメリットを持つ「Yahoo!アドカスタマイザー」をご紹介したいと思います!

1.Yahoo!アドカスタマイザーについて

1-1 Yahoo!アドカスタマイザーとは?

アドカスタマイザーとは、テキスト広告のタイトルや説明文に、事前に登録した「データ自動挿入リスト」で「文字列」や「数値」を自動挿入できる機能です。

アドカスタマイザーは、キャンペーンタイプが「標準キャンペーン」、または「動的検索連動型広告キャンペーン」の場合に利用できます。※「動的検索連動型広告キャンペーン」の場合は、データが自動挿入できるのは説明文のみで、タイトルには適用できませんのでご注意ください!

1-2 アドカスタマイザーを使用するケース / メリット

広告の対象となる取扱商品・商材を数百種類以上お持ちの場合や、常時大量の広告を入稿している場合などに、アドカスタマイザーを有効に活用することができます。具体的には、第2章「2.使える!アドカスタマイザーの種類」でご説明いたします。

アドカスタマイザーは、広告内に商品名や販売価格や日付など、さまざまな情報を広告内に挿入でき広告の訴求力を高めることができます。また、複数の広告を一つずつ作成する手間を省くことができ、リストをもとに豊富なバリエーションの広告を生成することができます。

【アドカスタマイザーのメリット】
・広告文を動的に出し分けることが可能
・キーワードと検索語句のマッチ率の向上
・さまざまなタイトル / 説明文を組み合わせた広告の自動生成が可能

2.使える!アドカスタマイザーの種類

2-1 キーワード別に広告文を変更

1つの広告グループ内に、複数のキーワードと複数の広告文を設定している場合、特定の1キーワードに対して特定の1広告文だけを配信するということはできません。そんな時、アドカスタマイザーを活用すると、キーワードごとに広告文を変更することが可能になります。

2-2 地域別に広告文を変更

配信する地域ごとに広告文内の地域名を連動させるには、通常は地域ごとにキャンペーンを作成し、その配下の広告グループの広告に、各指定の地域名を入れるなど、手作業で細分化する作業が発生し、地域数によっては膨大な時間がかかってしまいます。そんな時、アドカスタマイザーを活用すると、ターゲット地域に応じて広告文を変更することができるようになります。

2-3 日付ごとに広告文を変更

日付ごとに広告文を変更する際、キャンペーンを分けておくか手動で広告文を差し替える必要があります。そんな時に、アドカスタマイザーを活用すると、同じキャンペーン且つ同じ広告グループ内で日付ごとに広告文を自動変更することができます。今回は、広告文で設定可能なセールやイベントなどの催事に便利なカウントダウン関数も合わせてご紹介いたします。
※カウントダウン関数についてはこちら。

3.拡大テキスト広告 アドカスタマイザーの設定・入稿手順

3-1 Yahoo!検索広告 キャンペーンエディター

※前提としてアドカスタマイザーは広告管理ツールから設定をすることはできません。
「Yahoo!検索広告 キャンペーンエディター」の利用が必須となっていますので、ご用意できていない方は、ダウンロードしてください

ダウンロードはこちらから!
https://ads-promo.yahoo.co.jp/dr/yce/

3-2 データ自動挿入リストの作成

広告に挿入する語句や数値のデータをまとめたリストで、Microsoft Excelやテキストエディターなどを使って作成します。作成するリストには、以下の決まりがあります。

・ファイルはCSV形式(カンマ区切り)、またはTSV形式(タブ区切り)で作成。
・リストの1行目には「項目名」を入れる。
・項目名は、任意の名称を全角 / 半角合わせて30文字まで入力可能。
・一部の項目は「規定項目」として、項目名と入力内容に制限がある。
・項目数の上限は、最大20列。

リストに登録する項目によって、入力する内容とルールが異なります。項目ごとの詳細は、こちらをご覧ください。

今回は、「キーワード」のデータ自動挿入リストを例に説明していきたいと思います。

3-3 作成したデータ自動挿入リストのインポート

「3-2 データ自動挿入リストの作成」で作成したリストを、キャンペーンエディターからインポートします。

※注意点
・リスト名に「-」は使用不可。
・リストのインポート後、同じリスト名は使用不可。
└一度使用したリスト名は、リストの削除後も再使用不可。
・「ページフィード名」と同じ名称は、リスト名での使用不可。

3-4 挿入用広告の作成

データ自動挿入リストのインポートが完了したら、データ挿入先となる広告を作成します。
アドカスタマイザーでデータを挿入するには、挿入用広告の登録が必要です。

※広告グループに挿入用広告ではない通常の広告も登録している場合は、「通常広告」と「挿入用広告」のいずれかが配信されます。
通常の広告と挿入用広告は、タイトルや説明文にデータ挿入箇所を入力する点が異なります。データを挿入する箇所には、「リスト名」「項目名」「デフォルトテキスト」を入力します。指定した「リスト名」「項目名」に従いデータが挿入され、広告配信されます。データが正しく挿入されていなかった場合は、「項目名」の代わりにタイトルや説明文に入力した「デフォルトテキスト」が挿入されます。

3-5 広告の作成後

挿入用広告を作成すると、通常の広告同様に審査が行われます。キーワードを作成済み、およびデータ自動挿入リストをインポート済みの状態で審査が完了すると、挿入用広告の配信が開始されます。

審査状況の確認方法はこちら

アドカスタマイザーの挿入用広告を配信する際は以下項目にご注意ください!
挿入用広告が配信されない場合がございます。

・挿入用広告にデフォルトテキストを設定していますか?
・データ自動挿入リストにキーワードを登録した場合、挿入用広告のある広告グループに同じキーワードを入稿していますか?
・データ自動挿入リストの配信期間と、広告を設定したキャンペーンの配信期間は合っていますか?
・挿入用広告のデータ挿入部分は、正しく入力されていますか?
└リスト名や項目名が間違っている場合、アップロード時にエラーが表示されます。
└入稿後にデータ自動挿入リストを変更、削除して、リスト名や項目名が変更された場合、広告自体にエラーは表示されませんが、広告配信は停止します。
・データが挿入された広告が登録可能文字数を超えていませんか?
└挿入用広告にデータ自動挿入リストのテキストが挿入された時、登録可能文字数を超えるとデフォルトテキストが配信されます。

詳しくはこちら。

4.事例

ここで、アドカスタマイザーを活用して効率的な運用ができた、東京都に事務所を構える士業系の案件での事例を紹介します。

この案件では、下記のような課題がありました。
「地域×相談内容 (東京 ○○○)」を検索するユーザーに合わせた広告を表示したい
来店も促したいため該当エリアに所在するユーザーに表示したい。

そこで、課題クリアのために「地域」を広告文に挿入するアドカスタマイザーを活用しました。

アドカスタマイザーを使って、地域リストの中で市区町村を細かく分けたことによって、各地域のユーザーに対して自分の居る地域名が入ることでユーザーにマッチし、質の高いユーザーを流入させることができた結果です。

5.まとめ

このように、アドカスタマイザーには「広告文を動的に変更させることが可能になる」「キーワードと検索語句のマッチ率の向上」「さまざまなタイトル / 説明文を組み合わせた広告の自動生成が可能」などたくさんのメリットがあり、活用すると少ない労力でより効果的な配信が期待できるようになります。
広告の対象となる取扱商品・商材を数百種類以上お持ちの場合や、常時大量の広告を入稿している場合には特におすすめの機能です!

 

今回は、Yahoo!広告で設定できるアドカスタマイザーのメリットやその使い方をご紹介させていただきました!
まだアドカスタマイザーを活用されていない方は、是非この記事を参考に設定してみてください。

リスティング広告やSNS広告で、広告運用のお困り事がございましたらバリュークリエーションにお問い合わせください。
各分野の広告運用スペシャリストが多数在籍しておりますので、会社の事業フェーズに合わせて、効果的な広告配信をご提案させて頂きます!

この記事についてより詳しく相談する

お名前必須
会社名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須

【個人情報の取り扱いについて】
・入力フォームでご提供いただく個人情報は、お申込み情報やお問合せに適切に回答し、管理するために利用します。
・当個人情報を第三者に提供することはありません。
・当個人情報の取扱いを委託することがあります。
委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止
(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
・任意項目の情報のご提供がない場合、最適なご回答ができない場合があります。
・クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

<個人情報苦情及び相談窓口>
バリュークリエーション株式会社
個人情報保護管理者:管理部 個人情報保護担当
TEL:03-5468-6877
FAX:03-5468-6455
E-mail:info@value-creation.jp

電話受付時間:平日 午前9:30〜午後6:00(年末年始・土日祝を除く)

上記の個人情報のお取り扱いについて同意いただける場合は
「送信する」ボタンを押してください。