KNOWLEDGE

Meta広告の認知度指標「広告想起リフト」とは?

普段、web広告を扱われるご担当者様の中には、
サービスやブランドの認知度アップをしていきたいが、
成果はどのように追っていくべきか?

と考えられる方も多いのではないでしょうか?

Googleアナリティクスなどの計測ツールをでも、webサイトのアクセスを分析できますが、
Meta広告のメニューで「広告想起」という指標があるのはご存じでしょうか?

認知度アップやブランディングを強化したいご担当者様はぜひ今回の記事をご覧になってください。

1.Meta広告の認知アップ施策とは?

Meta広告の認知度を図る指標としては、
クリック単価(CPC)目的の配信と、
表示単価(CPM)目的の配信の大きく2つがございます。

1-1.トラフィック(CPC)目的

まず、クリック単価目的の配信ですが、
Meta広告のキャンペーン作成時に「トラフィック」を選択することで、実施できます。

この場合、広告が「クリックをしやすい人」へより最適化が進むようになり、
webサイトへのアクセスを最大化することに貢献しやすくなります。

広告の遷移先へ多く集客をしたい会社様や、
遷移先でのPVや滞在率などを追われる会社様には
相性の良いメニューとなります。

1-2.認知度(CPM)目的

次に、表示単価目的の配信ですが、
Meta広告のキャンペーン作成時に「認知度」を選択することで、実施できます。

この場合は広告表示が最大化になるように最適化が進むため、
ブランドロゴを多く露出したい会社様や、サービスのビジュアルを訴求したい会社様には
相性の良いメニューとなります。

2.推定広告想起リフト(人)とは?

2-1.推定広告想起リフト(人)の指標とは?

Meta広告の広告指標の一つに「推定広告想起リフト(人)」があります。

推定広告想起リフト(人)とは、広告を見てから2日以内に広告を想起すると推定される人数」とされています。

過去数日間にFacebookで[ブランド]の広告を見た覚えはありますか?」という質問に、
「はい」と答えると予想される利用者の人数の増分として定義されます。
※参照:https://www.facebook.com/business/help/1029827880390718?id=429023050853196

2-2.確認方法

この指標は、配信目的を「認知度」に設定した場合に利用できます。

確認方法は、表示回数やクリック数となどと同様に、
広告管理画面の「パフォーンマンス」より任意選択することで確認ができます。

推定広告想起リフト(人)は「人数」を表す指標となるため、
推定広告想起リフト率、推定広告想起リフトの単価(人)も確認が可能です。

3.ブランドリフト調査とは?

3-1.ブランドリフト調査とは

Meta広告には、ブランド認知施策の影響を把握するために、
ブランドリフト調査が用意されています。

ブランドリフトとは、
ブランディング施策を実施するターゲット、実施しないターゲット別に
アンケート結果をもとに施策の効果を把握する手法です。

3-2.ブランドリフト調査の仕組み

Metaのブランドリフト調査では、
ブランディング施策の接触グループと非接触グループを作成します。
その上で、広告想起、ブランドの認知度、メッセージの関連などの項目について
両グループの利用者に同様のアンケートを実施し、パフォーマンスの差を計算します。

この差が、Meta広告によるブランドリフト効果になり、
自動収集された分析結果をもとに、ブランディング施策の影響を把握することができます。

4.Meta公式事例

Metaの公式の成功事例として、KitKat Chocolatory Australia
クリスマスキャンペーンの事例が紹介されています。

結果として、ブランド認知度が23ポイント向上、オンラインでの売上のリフトが3倍となり、
年間売上の3分の1以上を獲得する結果となりました。

※参照:https://www.facebook.com/business/success/kitkat-chocolatory-australia

ターゲットを広めに設定することがMetaの推奨でもあるので、
オーストラリア在住の18~54歳の幅広い利用者をターゲットに設定
していることも成功要因と言えます。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、Meta広告の認知指標であるブランド想起を中心にお話しました。

また、ブランド想起リフトテストについては、
Meta広告だけでなく、Google、LINEなどの媒体でも実施可能なメニューとなります。

今後自社サービスの認知度を上げたい!
ブランディングを強化して指名ワードの検索ボリュームを上げたい!
などございましたら、ぜひ、お問い合わせください。

この記事についてより詳しく相談する

お名前必須
会社名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須

【個人情報の取り扱いについて】
・入力フォームでご提供いただく個人情報は、お申込み情報やお問合せに適切に回答し、管理するために利用します。
・当個人情報を第三者に提供することはありません。
・当個人情報の取扱いを委託することがあります。
委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止
(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
・任意項目の情報のご提供がない場合、最適なご回答ができない場合があります。
・クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

<個人情報苦情及び相談窓口>
バリュークリエーション株式会社
個人情報保護管理者:管理部 個人情報保護担当
TEL:03-5468-6877
FAX:03-5468-6455
E-mail:info@value-creation.jp

電話受付時間:平日 午前9:30〜午後6:00(年末年始・土日祝を除く)

上記の個人情報のお取り扱いについて同意いただける場合は
「送信する」ボタンを押してください。