KNOWLEDGE

【最新版】5分で分かる『TikTok』広告のすべて(解説)

最近CMや電車広告でお馴染みの『TikTok(ティックトック)』ですが、利用されていますか?

ダンスをしている動画、口パク動画、流行を生む動画など、
とくかく若者に人気の動画アプリというイメージが先行するかもしれませんが、
2018年ごろより『TikTok』は広告媒体としても注目され、
現在はweb広告の中で重要なメディアとなっています。

今回は広告媒体としてのTikTokについて解説していこうと思います。(※2022年4月更新)

早速広告について相談したい!という方はこちらからお問い合わせください。

1.『TikTok(ティックトック)』とは?

※既に「メディアについては理解している」という方はこちらからご覧ください。

さて、本題です。

TikTok(ティックトック)』は、一言でいえば、ショートムービーSNSです。

中国北京に本社を置くByteDance社が運営しています。
ByteDance社は、TikTokのほかにBuzzVideoといった
動画コンテンツメディアなど多数のメディア事業を展開する巨大企業です。

その中でも『TikTok』は150ヵ国で利用され、
アメリカの調査会社Sensor Tower社によると、

2022年第1QでのApp Storeのダウンロード数はNo.1です。

引用元:世界のアプリダウンロード数

さらに2021年9月時点で、世界の利用者数は10億人超を誇っており、
急速に成長を続けているメディアです。

TikTokはさまざまな呼称がされていますが、
ここでは3つ特徴をとらえていただければと思います。

・全画面ショートムービー
・BGM付き

・編集作業が簡単

ユーザーは最短15秒、最長10分の動画を撮影し、
アプリ内でそのままフィルターやエフェクトを使用して編集することができます。
また、楽曲を選ぶだけで音楽をつけることも可能で、だれでも簡単に動画コンテンツを作れるのです。

YouTubeのように複雑な動画編集の技術は必要なくTikTok内で完結できるので、
中高生を中心に多種多様なコンテンツが日々投稿されています。

画面が揺れる加工やスローモーションなど特殊効果も簡単に付けられるので、
編集するだけでも楽しむことができます。

2.TikTokのユーザー層

TikTokの国内ユーザーの男女比率を見ると、
男性の割合が若干多く、年齢は10代~20代の若年層が中心です。
しかし、平均年齢は34歳と、近年は20代以上の利用率も増えてきています。

この記事を呼んでいる方の中にも投稿をしたことはないが、
見たことはあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

3.TikTok広告の配信枠は3つ

TikTokの広告には3つの種類があります。

タイアップ企画型の「#(ハッシュタグ)チャレンジ」、
アプリ起動時に全画面表示される「起動画面広告」、

おすすめ投稿に流れる全画面動画の「インフィード広告」です。

#チャレンジ(タイアップ)

TikTokのオリジナルの広告手法として、
#チャレンジがあります。

こちらは、ユーザ-の投稿を促すことで拡散を狙った広告手法です。

仕組みとしては、まず、プロモーションを行いたい企業とTikTok社の打ち合わせのもと、
指定のハッシュタグを用いた、キャンペーンの告知・TikTokクリエイターによる投稿を行います。
その後、ユーザーが投稿動画を真似た動画などを投稿し、
TikTokアプリ内、その他メディアへ拡散していく流れです。

こちらは予約メニューのため、事前の申し込みが必要です。

■掲載イメージ

引用元:TikTok活用事例

株式会社コーセーが、商品リニューアルに伴い、
NiziUとのコラボレーションにより#チャレンジを実施した例です。

商品の使用方法をポップなダンスで表現し、拡散を狙いました。

起動画面広告

アプリ起動時の広告とは、その名の通り、
ユーザ-がTikTokのアプリを起動した際に表示される広告です。
最大級のリーチを目的として配信できますが、
1日2社限定の予約型のメニューであるため、事前申し込みが必要です。

インフィード広告

最後は、フィード(TikTokアプリのおすすめ画面)内に出稿できる広告です。
インフィード広告は、予約型と運用型の2種類に分けられます。

予約型は、おすすめフィード内で、
早い段階で指定表示させたり、あらゆるタイミングで表示させたりすることができます。
こちらは、事前に希望リーチやフリークエンシーを設定し、配信を行います。

運用型は、FacebookやTwitterなどのSNS広告と同様に、
管理画面を用いた入稿作業を通じて配信・運用を行い、効果最大化を目指すメニューです。
予算に制限はないため、出稿企業の体制に応じた施策を実施することが可能です。

■掲載イメージ

引用元:TikTok活用事例

Instagramのストーリーなどと比較すると、
クリッカブル箇所で「リンク先に遷移する」ポイントが多いことも特徴的です。

■ターゲティング機能

インフィード広告の運用では、ターゲティングをすることが可能です。

こちらの機能は随時拡張されており、
2022年4月現在、設定できるターゲティング方法は13種類です。

最新の機能拡張についてはこちらからお問い合わせください。

■クリエイティブ制作のコツ

TikTokで広告を出稿する際、
アプリのUIによって、広告の表示が一部隠れてしまうことがあります。
そのため、縦長動画を作る際は、表示領域を意識してコンテンツ化しましょう。

また、広告で設定できるテキスト領域に動画内の文字を被らせてしまうと非常に見にくくなります。
文字を動画に入れ込む場合も、表示領域内で訴求することがポイントです。

そのほか、アイコンの位置やCTAの位置を把握したうえで、コンテンツの配置を考えると良いです。

クリエイティブのサイズや文字数に関しては、下記の記事をご参照ください!

【2022年最新】もう迷わない!TikTok広告の推奨サイズとテキスト文字数

4.TikTok広告のメリット

広告への高い受容性

2020年に合同会社 カンター・ジャパンが、
主要なプラットフォームの中での消費者の見解を測定した結果によると、

消費者が好む広告エクイティランキングで最高位を獲得しています。

引用元:グローバル広告エクイティランキング

つまり、消費者は一般的にTikTokのような新しいプラットフォームでの広告に対して、
ストレスを感じにくく、肯定的な印象を持つ可能性が高いと言い換えられます。

フルアテンションで視聴

TikTokの場合は、モバイルに最適化されており、
基本は、スマートフォンでの利用がメインです。


引用元:TikTok Media Guide 2022Q2
※最新の媒体資料をご覧いただきたい方はこちらからお問い合わせください。

広告主は、ユーザーに対し、ショートムービーをフル画面で見せることができます。

また、音声ありで、音声をともなって視聴しているユーザーが、
他の主要プラットフォーム3社と比較し、1.6倍です。

そのため、視覚と聴覚の両方に対して訴えかけることができます。

5.まとめ

いかがでしたか?

最近注目度が上昇しているTikTok広告についてまとめました。
弊社では、TikTok広告の運用型メニューを取り扱っております。

動画の作成から配信・運用までワンストップでご依頼いただけます。

・TikTok広告に興味があり、概要を詳しく把握したい
・自社の商材とTikTok広告と相性がどうか(良いか)知りたい
・どんな実績があるのか教えてほしい

そのようなご希望、ご質問があれば、
下記フォームよりお気軽にお申し付けください。

この記事についてより詳しく相談する

お名前必須
会社名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須

【個人情報の取り扱いについて】
・入力フォームでご提供いただく個人情報は、お申込み情報やお問合せに適切に回答し、管理するために利用します。
・当個人情報を第三者に提供することはありません。
・当個人情報の取扱いを委託することがあります。
委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止
(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
・任意項目の情報のご提供がない場合、最適なご回答ができない場合があります。
・クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

<個人情報苦情及び相談窓口>
バリュークリエーション株式会社
個人情報保護管理者:管理部 個人情報保護担当
TEL:03-5468-6877
FAX:03-5468-6455
E-mail:info@value-creation.jp

電話受付時間:平日 午前9:30〜午後6:00(年末年始・土日祝を除く)

上記の個人情報のお取り扱いについて同意いただける場合は
「送信する」ボタンを押してください。

  • Google Adwords 認定資格取得者41名
  • X(旧Twitter)認定代理店
  • TikTok for Business Gold

    2023年第1四半期取得
    2023年第2四半期取得
    2023年第4四半期取得

  • TikTok for Business Silver

    2023年第3四半期取得

  • Meta Business Partner
  • SmartNews	Ads Partner
  • Pinterest Advertising Essentials
  • 景表法・特商法 広告遵守団体認証 KTAA団体認証。2023年9月8日
  • 薬機法 医療法 遵守広告代理店認証 YMAA団体認証。2023年9月8日
  • スムーズビズ
  • 時差Biz
  • 日本を元気にする企業