KNOWLEDGE

Google Search Consoleの概要と導入、アナリティクスの連携まで

Search Console(サーチコンソール)は、Googleの検索結果での検索トラフィックや、掲載順位などのパフォーマンスデータを確認できる無料のツールです。「サチコ」と略されることもあります。かつては「ウェブマスターツール」と呼ばれていたので、古くからWebに関わっている方はその呼び名の方が馴染みある、という方もいるかもしれませんね。

SEO対策をする上では必須といってもよいツールで、Googleアナリティクスと連携して活用されることも多いです。この記事では、そんなGoogle Search Consoleの概要、設定方法、アナリティクスとの連携についても解説します。

何ができるか?

Webサイトのマーケティングで必ずセットで出てくる「Googleアナリティクス」との違い理解しておきましょう。

Search Console・・・サイトに入る前にどのような行動をしたか、を分析する
(例えば、検索キーワード、検索順位、表示回数、クリック数、クリック率など)

アナリティクス・・・サイトに入った後にどのような行動をしたか、を分析する
(例えば、流入数、離脱率、滞在時間、コンバージョン数など)

Search Consoleは、Webサイトに入ってくる前のデータを確認することができます。

導入

1、管理しているGoogleアカウントで、Search Consoleへログインします。

2、画面左上の「プロパティを追加」を選択します。

3、ドメイン一括で集計・管理している場合は「ドメイン」、URLごとに設定する場合は「URLプレフィックス」を選択し、ドメインまたはURLを設定し「続行」を押します。

4、そのサイトを実際に所有していることを証明するプロセスです。
サイトの所有権の証明については、こちらをご覧下さい。

 

アナリティクスとの連携

Googleアナリティクスで同じサイトを管理している場合は、アナリティクス上でもSearch Consoleのデータを確認することができるため、連携しておくことをお勧めします。

1、管理しているGoogleアカウントで、Googleアナリティクスへログインします。左カラムメニューの「集客」から「Search Console」、「検索クエリ」を選択します。

2、「このレポートを使用するには、Search Console の統合を有効にする必要があります。」と表示されるので、「Search Consoleのデータ共有を設定」のボタンを押します。

3、プロパティ設定で「Search Consoleを調整」を選択し、「Search Consoleのサイト」の「編集」を選択します。

4、登録されているサイトの一覧が出てきますので、この中で連携させたいサイトを選択し、保存します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Search Consoleの概要、設定方法、アナリティクスとの連携について解説してきました。Googleアナリティクス同様、Webサイトの分析には必須のツールです。

是非、活用してくださいね。

 

この記事についてより詳しく相談する

お名前必須
会社名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須
  • YAHOO! JAPAN マーケティングソリューション 正規代理店
  • LINE
  • Google Adwords 上級試験資格6名取得
  • Google Partner
  • Facebook Marketing Partner
  • Excellent Performer Award 優秀パートナー10社に選ばれました
  • facebook SMB広告代理店
  • ベストベンチャー100
  • マーケティング情報