• HOME    
  • マーケティング情報    
  • 【逃していた見込みユーザー獲得】Yahoo!ディスプレイ広告のスマートターゲティングとは?

KNOWLEDGE

【逃していた見込みユーザー獲得】Yahoo!ディスプレイ広告のスマートターゲティングとは?

Yahoo!広告のスマートターゲティングが2024年2月28日に正式リリースされました!2023年8月9日にβ版としてリリースしていましたが、仕様のアップデートにより、さらなる成果の向上が期待できます。

この記事では、スマートターゲティングの特徴、β版との違い、注意点などについてご紹介していきます。

■スマートターゲティングとは

・スマートターゲティングとは

スマートターゲティングとは、Yahoo!広告で活用できる機能の一つで、ターゲティングを最適化する機能です。広告配信時の様々な情報を基にコンバージョンに至る可能性が高いユーザーを特定して、自動的に配信対象を最適化出来ます。

▼スマートターゲティング利用時の配信イメージ

画像引用元:スマートターゲティング正式リリースについて|Yahoo!広告

・スマートターゲティング利用時のターゲティング適用について

一部のターゲティングで指定した範囲を超えて配信されるので、今まで逃していた可能性のある見込みユーザーを獲得することが出来ます。スマートターゲティング利用時のターゲティング設定の適用は下記になります。

画像引用元:スマートターゲティング正式リリースについて|Yahoo!広告

・学習期間について

最適化されるまでには、学習期間が必要になります。学習期間は2週間程度です。(キャンペーンのコンバージョン数により変動あり)学習期間中は運用者が設定したターゲティング(配信/除外)が全て適用されます。

※学習期間中にターゲティング設定を変更すると、再学習の恐れがありますのでご注意ください。

・配信対象イメージ

配信対象のイメージは、ターゲティング設定によって下記のようになります。

画像引用元:スマートターゲティング正式リリースについて|Yahoo!広告

・利用推奨条件

過去7日間のコンバージョン数が20件以上あるキャンペーン配下の広告グループでの利用を推奨しています。全ての入札戦略・キャンペーン目的で設定可能ですが、推奨されている条件は下記になります。

画像引用元:スマートターゲティング正式リリースについて|Yahoo!広告

■メリット

スマートターゲティングを利用することにより、

設定したターゲティング範囲外のコンバージョン見込みユーザーにも配信が可能になります。

そして、自動で最適化するため、ターゲティング設定の工数も軽減されます。

■β版との違い

β版からの仕様アップデート

β版からの仕様アップデートは下記になります。

・オーディエンスリストターゲティングの除外設定が適用されます。

・入札戦略「個別クリック単価」で利用時、リーチ可能なユーザー数は予算に応じて変動するようになります。

・キャンペーンエディターでも提供されます。

画像引用元:スマートターゲティング正式リリースについて|Yahoo!広告

・β版からの機能改善

β版から機能改善を重ね、性能を大幅に向上しました。それにより多くの広告グループで安定的に成果を出せるようになりました。

画像引用元:スマートターゲティング正式リリースについて|Yahoo!広告

■注意点

スマートターゲティング利用時の注意点は下記になります。

・学習期間中に設定変更すると、再学習が必要になる可能性あり。

・学習のステータス(学習中・学習完了など)は確認不可。

・入札戦略や1日の予算の設定を変更すると、入札価格の自動調整機能も同時に学習する可能性あり。

・過去7日間にキャンペーン単位でコンバージョン数20件以上ある事が推奨。

・オーディエンスリストや画像タイプ単位などで広告グループを分けている場合はターゲティングが重複しないように注意。

・利用中はオーディエンスリスト、サーチキーワード単位のレポートには実績が反映されない。

■まとめ

いかがでしたでしょうか?今回のリリースにより、今まで逃していた見込みユーザー獲得に期待が持てる機能になっております。

ご検討されている方は是非お問合せください。

この記事についてより詳しく相談する

お名前必須
会社名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須

【個人情報の取り扱いについて】
・入力フォームでご提供いただく個人情報は、お申込み情報やお問合せに適切に回答し、管理するために利用します。
・当個人情報を第三者に提供することはありません。
・当個人情報の取扱いを委託することがあります。
委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止
(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
・任意項目の情報のご提供がない場合、最適なご回答ができない場合があります。
・クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

<個人情報苦情及び相談窓口>
バリュークリエーション株式会社
個人情報保護管理者:管理部 個人情報保護担当
TEL:03-5468-6877
FAX:03-5468-6455
E-mail:info@value-creation.jp

電話受付時間:平日 午前9:30〜午後6:00(年末年始・土日祝を除く)

上記の個人情報のお取り扱いについて同意いただける場合は
「送信する」ボタンを押してください。