KNOWLEDGE

【WEB広告ならまずLP…はもう古い?!】Facebookではじめよう!リード獲得広告

ビジネスを拡大するうえで重要なのは、『新しいユーザーを獲得する』ことですよね。

そして新しいユーザーを獲得するために必要なのは、『新しい見込み客を見つける』ことです。

そのために多くの企業がいくつもの豪華なランディングページ(LP)を用意し、フォームから顧客情報を集めようとしているのです。

しかし、ちゃんとLPを用意するにはある程度の時間と費用がかかります。また、商材のどのような点がユーザーに刺さっているのか分からない場合は、訴求別に複数のLPを用意することになります。

貴重なリソースを割いて公開に至ったLPでなかなか成果が上がらなければ、LPの改修が必要となりさらに時間と費用がかかります。

そこでおススメしたいものが、Facebook広告の『リード獲得広告です。

Facebookのリード獲得広告は、

  • ランディングページ不要
  • 最短30分で設定可能
  • しっかり成果が得られる

 

というメリットがあります。

今回は、そんなFacebookのリード獲得広告をはじめるための設定方法をご紹介します!

Facebookのリード獲得広告とは

概要

Facebookのリード獲得広告は、2015年10月から国内で利用できるようになった機能で、サイトに遷移させずFacebook上で全て完結させることができます

広告をクリックしたユーザーは、商材について書かれたインスタントフォームへシームレスに遷移するうえ、Facebookに登録済みの「氏名」や「メールアドレス」などの情報はあらかじめ入力された状態になっています。これにより、ユーザーのストレスが最小限に抑えられ、高い確率でリード獲得へと至ることが期待できます。

リード獲得広告はFacebookとInstagramのタイムライン上に表示され、Facebook広告の特徴である『精度の高いターゲティング』により効率よく配信することが可能です。

リード獲得広告のメリット

遷移先不要

広告をクリックしたユーザーは、Facebook上で設定したインスタントフォームへとシームレスに遷移するため、ランディングページやホームページは不要です。

  • ページの製作・改修の負担が大きい
  • 細かく訴求テストをしたい

 

という方におススメの広告メニューです。

ユーザーへのストレスが少ない

Facebookのリード獲得広告では、Facebook上に登録されている「氏名」や「メールアドレス」などの情報が自動でフォームに入力されます。そのためユーザーに求められる動作が最小限となり、ストレスが抑えられることで高い獲得率が期待できます。

外部CRMツールへの連携が可能

ユーザーが登録した情報は、Facebookの管理画面から直接ダウンロードするだけではなく、外部のCRMツールとリンクさせて、リアルタイムに管理することが可能です。

そのため、登録が完了したばかりで商材への関心が高いユーザーへ迅速にアプローチすることができるうえ、顧客情報を管理する工数を軽減することができます。

リード獲得広告で得られる情報

Facebookのリード獲得広告で設定できる入力項目は、

と様々な項目が用意されています。

このほかにも、カスタム項目としてフリーテキスト欄やラジオボタン、条件付き選択肢などの項目も用意されているため、メールマガジンや資料送付だけでなく、イベントの予約までリード獲得広告だけで完結させることができます。

ただし、あまりにも多くの項目を設定してしまうと、ユーザーへのストレスが少ないというメリットが失われ、獲得効率の悪化が懸念されるため、なるべく入力項目は必要最小限にしましょう。

注:Instagramでは生年月日に関する質問がサポートされないため、生年月日に関する質問を含むリード獲得広告はInstagramには表示されません。

Facebookのリード獲得広告の設定方法

リード獲得広告の設定方法は次の通りです。

①キャンペーン作成

まず、Facebook広告の管理画面でキャンペーンを作成し、「リード獲得」を選択します。

利用規約に同意

リード獲得を目的としたキャンペーンを作成した場合、広告セットの層でページを選択します。

その際、利用規約の確認を求められますので、内容を確認したうえで、「利用規約を確認」ボタンを押します。

フォームを作成

インスタントフォームの項目にある「フォームを作成」から作成画面に入ります。

フォーム作成画面では下記の内容を入力していきます。

※はじめに、「設定タブ」で言語を日本語にしておくことをおススメします。

フォームタイプ

  • フォーム名
    • 任意のフォーム名を入力
  • フォームタイプ
    • 大量用:ユーザー情報の入力や送信が簡単なフォーム
    • 高い意向:記入者が入力内容を再確認できるステップを追加

イントロ

フォームの説明を入力します。

  • どのような商材なのか
  • 誰をターゲットにしているのか
  • ユーザー情報を送信することで何を得られるのか。

など、

ランディングページで一般的に説明されているような内容をここに記載します。

質問

ユーザーに入力してもらう情報の項目を選択します。

初期状態ではメールアドレスと氏名が選択されていますが、

さきほど掲載した項目を選択することが可能です。

記述式の質問を任意で追加することもできます。

 

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーページのURLを入力します。

このURLの入力は必須なので、WEBサイトに掲載しているプライバシーポリシーのページ等を指定する必要があります。

完了

最後に、フォームを送信してくれたユーザーに表示する「サンクスページ」を作成します。

プライバシーポリシー同様、こちらのURLも必須です。

会社の公式HPへ遷移させたり、ホワイトペーパーなど、資料のダウンロードURLを入力しておくケースが多いです。

獲得したリードの処理

Facebook広告で獲得したリードは、

  • 広告の管理画面からダウンロード
  • Facebookページの投稿ツール内にあるフォームライブラリからダウンロード
  • 普段使用している外部顧客管理ツールと連携して自動でダウンロード

 

といった方法で入手可能です。

一般的な顧客管理ツールは連携可能なので、ぜひ連携することをおススメします。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、Facebookの『リード獲得広告についてご紹介しました。

Facebookのリード獲得広告を使用することで、Facebookを利用しているユーザーをFacebookから離脱させることなく登録を促すことができるため、安いコストでユーザー情報を獲得することが期待できます。

ぜひ一度お試しください。

この記事についてより詳しく相談する

お名前必須
会社名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須
  • YAHOO! JAPAN マーケティングソリューション 正規代理店
  • Google Adwords 上級試験資格6名取得
  • Google Partner
  • Facebook Marketing Partner
  • Excellent Performer Award 優秀パートナー10社に選ばれました
  • facebook SMB広告代理店
  • ベストベンチャー100
  • マーケティング情報
  • LINE