• HOME    
  • マーケティング情報    
  • 【2024年最新】注目のLINE広告大型アップデート!『トークリストに動画が出稿可能に』

KNOWLEDGE

【2024年最新】注目のLINE広告大型アップデート!『トークリストに動画が出稿可能に』

2024年1月31日にLINE広告の新機能がリリースされました。
そのなかでも特に大きなアップデートとして『動画広告をトークリストへ配信できるようになった』ことが挙げられます。
広告運用の戦略に大きくかかわるアップデートになるので、いち早く使いこなせるよう準備していきましょう!

【参考】https://www.lycbiz.com/jp/news/line-ads/202401/

『トークリストの広告』とは?

まずはトークリストの広告枠についておさらいしておきましょう。
トークリストとは、アプリのなかでメッセージをやり取りした相手が一覧で表示される画面です。
LINE上では下記のような画面になります。

【引用】https://www.lycbiz.com/jp/service/line-ads/media/

LINEはメッセージアプリとして利用しているユーザーが多い印象がありますよね。
印象通り、トークリストは圧倒的にDAU(デイリー・アクティブ・ユーザー)が多い配信面です。
そのため広告を見てもらえる機会が多く、CV・リーチ拡大につながりやすい配置面と言えます。
LINE広告を運用するならこのトークリストは積極的に狙っていきたいですね。

今までは以下のフォーマットがトークリストに出稿可能でした。

【引用】https://www.lycbiz.com/jp/column/line-ads/creative/20200318-02/
※2023年7月時点での配信面

表のとおり、今までは『Card』『Square』『画像(小)』『画像(アニメーション)』の4種類が表示されていました。

このような「トークリストの広告」に追加されるのが『動画』『動画(小)』になります。
次の項から詳しく見ていきましょう。

動画広告をトークリストに出稿するために

動画広告の表示と挙動

まず動画広告をトークリストに出稿したときの表示と挙動についてご紹介です。
トークリストの上部に表示されるのは従来のフォーマットと同様ですが、タップしたときの挙動が異なります。

【引用】https://www.lycbiz.com/jp/news/line-ads/202401/

このフォーマットでLPに遷移させる動線は以下の3つになります。
①動画左側の「広告文」をタップ
②ビデオプレーヤー上部のCTAボタンをタップ
③動画終了後中央に表示されるCTAボタンをタップ

既存の静止画やアニメーションで、画像をタップするとすぐLPに遷移していたのとは異なる挙動をします。
出稿する際はこの点に気をつけるようにしましょう。

『動画』:既存の動画広告をトークリストに出稿する

出稿方法は以下の手順です。
①従来通り動画広告を入稿する
②編集画面で「小さい広告枠への動画配信を有効にする」をオンにする

【引用】https://www.lycbiz.com/jp/news/line-ads/202401/
※過去「有効」「一時停止」にした広告も②の操作が可能

過去入稿したものについてはデフォルトで「オフ」となっているため、
トークリストへ配信したい場合は対応が必要になります。

『動画』はトークリストも含め、様々な配信面に出稿したいときに使えるフォーマットです。
トークリストへの配信が追加されて、よりCV・リーチ拡大が期待できるのではないでしょうか。

【備考】
・9:16(縦長)のアスペクト比の動画には非対応
・「友だち追加広告」には非対応

★パフォーマンスレポートでの『動画(小)』の実績確認方法

従来の動画広告出稿面とトークリストにどのように出ているか確認可能です。
①レポート形式の階層で「広告」を選択
②集計方法で「サイズ別」を選択
※トークリストにおける実績は『動画(小)』と表記される

一方、最初からトークリストに絞って出稿したい場合は次項で紹介する『動画(小)』の活用がオススメです。

『動画(小)』:動画広告をトークリストのみに出稿する

トークリストを狙って動画広告を出せる広告フォーマットとして『動画(小)』をご紹介します。
LINE広告で使用できるフォーマットは、既存のフォーマットとあわせて全6種類になりました。

【引用】https://www.lycbiz.com/jp/news/line-ads/202401/

「配信面」「配信目的」「入稿内容」は以下の通りです。

【引用】https://www.lycbiz.com/jp/news/line-ads/202401/

先ほどお伝えしたように、既存の『動画』ではトークリストを含む様々な配信面に出稿されます。
しかし、今回のアップデートで追加された『動画(小)』で出稿すれば、トークリストに絞り込んだ配信が可能です。

【備考】
・一括アップロードに対応
・9:16(縦長)のアスペクト比の動画には非対応
→そのほかの入稿規定は既存の動画に準ずる
【参照】https://www.lycbiz.com/jp/manual/line-ads/policy_009/?list=7161
・パフォーマンスレポートの確認方法は『動画』の確認方法と同じ

さいごに

いかがだったでしょうか?
新たな広告運用戦略になりうるため、早期に準備して配信することで新たなリーチ獲得へと繋がります。
弊社ではLINE広告の運用代理も行っておりますので、LINEへの広告出稿を検討・お悩みの方はぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事についてより詳しく相談する

お名前必須
会社名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須

【個人情報の取り扱いについて】
・入力フォームでご提供いただく個人情報は、お申込み情報やお問合せに適切に回答し、管理するために利用します。
・当個人情報を第三者に提供することはありません。
・当個人情報の取扱いを委託することがあります。
委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止
(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
・任意項目の情報のご提供がない場合、最適なご回答ができない場合があります。
・クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

<個人情報苦情及び相談窓口>
バリュークリエーション株式会社
個人情報保護管理者:管理部 個人情報保護担当
TEL:03-5468-6877
FAX:03-5468-6455
E-mail:info@value-creation.jp

電話受付時間:平日 午前9:30〜午後6:00(年末年始・土日祝を除く)

上記の個人情報のお取り扱いについて同意いただける場合は
「送信する」ボタンを押してください。