KNOWLEDGE

【2023年最新版】LINEのダイナミック広告とは?

2021年以降でアップデートが多くあり、注目されているLINE
企業のマーケティング手法としても利用の幅が広がり
最近では自治体でのマーケティングにおいても活躍の幅を広げているLINE広告

今回はそんな注目のLINE広告の中でより効率的な
マーケティングを展開できるLINEダイナミック広告についての
概要を記事にしております!
是非、各企業様のマーケティング施策の参考にしてくださいませ!

LINEのダイナミック広告とは?

LINE広告について

LINE広告(旧LINE Ads Platform)
月間のアクティブユーザーがなんと、9,400万人!!(※2022年12月末日時点)

LINEは連絡手段として日本国内で幅広く利用されているので
年齢・性別問わず幅広い方が日常で利用されている媒体になります。

トーク面以外でも
「LINE NEWS」「LINE Pay」「タイムライン」
と様々な基本機能がついているため
ユーザーが一日に利用する回数や目にする回数が多いので
ユーザーに刺さる広告配信ができれば広告効果アップも実現できます!

LINE広告については下記記事でも
配信面含め過去いくつかご紹介させていただいておりますので
広告について詳細を見たい方は是非ご一読くださいませ!

【2023年最新Update】LINE広告業種拡大と広告審査時間が24時間体制に!

【LINE広告】電話ボタンのタップを計測する方法

【2021年11月最新版】今から押さえておくべきLINE広告基礎知識【初心者向け】

LINEのダイナミック広告とは?

LINEのダイナミック広告(以下LINE Dynamic Ads)とは
ユーザーの商品閲覧履歴に基づき、
興味がありそうな特定商品の広告表示ができる配信方法です。

ダイナミック広告の配信方法はよく聞く広告手法のため、取り扱う商品やサービスが多岐にわたる
EC・不動産・旅行業界のマーケティング担当者様であれば
Google・Meta・Criteoでのダイナミック広告をご利用されているのではないでしょうか?

連絡ツールとして圧倒的なアクティブユーザー数を誇る
LINE内でのダイナミック広告ではさらに効果的に顧客獲得ができる広告配信手法になっております!

LINEのダイナミック広告のメリットとデメリット

メリット

LINEのダイナミック広告については
以下3つが挙げられます!

動的な広告配信でコンバージョンに繋がりやすい!

特定の商品を閲覧・購入した履歴を元に広告が掲載されるため、
ユーザーに対して無差別に閲覧させる広告よりも
ユーザーがクリックする可能性が高くコンバージョンに繋がりやすいです!

リマーケティングのみではなく新規獲得も狙える!

LINEダイナミック広告において
リマーケティングによって顕在層に対してのアプローチが魅力的な部分ですが
サイトを訪問していないユーザーにも広告配信が可能で、潜在層へのアプローチも可能です。

仕組みとしては、サイトに訪問していなくても
ユーザー属性・行動履歴をもとにダイナミック広告の配信対象
類似度が高いと判断されると広告が配信されます

クロスターゲティングが可能!

LINE公式アカウント・LINEポイントAD等のLINEサービスで友だち追加したユーザーや
メッセージを開封した人物をターゲティングできます。

商品への興味関心が高いユーザーに配信可能になるため、
効率的に購買に繋げていきやすい手法がメリットになります。

デメリット

メリットだけではなくデメリットとされていることもあります。
下記2点になります。

配信開始までの工数がかかる、、、

タグ設置、商品データの準備が必要になるため、
通常の広告配信よりもダイナミック広告では配信まで一定の工数がかかる傾向にあります。

機械学習の促進が必須のため、タグ周りについて
準備は正確にする必要があるため、すぐに始めたいと思われているご担当者様からするとデメリットになるかと思われます。

相性の良い業種がある!

LINEダイナミック広告についての実施条件としては下記になります。
・商品点数が10点未満の場合は出稿不可
・LINE広告審査ガイドラインに抵触する場合が実施不可

上記に該当しなければどんな業種でも出稿可能ではあるのですが、
傾向としてはアパレルや不動産、ホテル系の相性が良いとされています!

商品数が少ないと、広告のパターンが限られてしまい
本来の機能を活かしきれない傾向にあります、、、

LINEのダイナミック広告の配信面やオーディエンスについて

LINEのダイナミック広告の配信面について!

引用:LINE Dynamic Adsを利用する

配信面についても主に8つあり、
様々な場所を活用して最適な配信面を選択することが可能です!

LIENダイナミック広告のオーディエンスについて!

引用:LINE Dynamic Adsを利用する

上記画像のようなオーディエンスについて配信可能になっております。

新規顧客へのアプローチで活用ができる
赤枠で囲っているオーディエンスを指定しない場合の配信は2022年12月にアップデートがなされ、
配信ができるようになりました!

初めてのLIENダイナミック広告展開の際に大切なポイント!

LINE Dynamic Ads イベントコードと商品フィードについて

LINEの公式ページにも記載はしてあるのですが、
LINE Tagの設定が必要になり、対応する必要性がございます!

下記に必要な情報を転記しておきますので是非、参考にしてくださいませ!
分かりづらい場合は弊社まで遠慮なくお問合せいただけませ!

引用:LINE Dynamic Adsを利用する

LIEN Tagの設定のみではなく、商品フィードも準備する必要性がございます!

こちらについては、入力項目に漏れがないようにすることで
機械学習も進みやすくなり、効率よく配信できる可能性が高まります!

詳細な設定方法については是非、下記を参照にしていただくか
弊社までお問合せくださいませ!

参照ページ:LINE Dynamic Adsを利用する

その他 ポイント!

ダイナミック広告だけ配信するのではなく
通常のLINE広告も並走することをオススメします!

理由としてダイナミック広告のメインのターゲットは
サイトを利用してくれたユーザーと類似したユーザーになります。
ユーザー数が増えない限り、成果が上げづらくなるためです。

そのため、新規でも利用ユーザー獲得を狙うことで
ユーザーの行動データも蓄積していくことが理想なので
通常の広告配信とダイナミック広告の並走が推奨されます!

LINEダイナミック広告を活用しよう!

いかがでしたでしょうか?

今回はLINEダイナミック広告を始めるにあたっての基礎知識を中心にまとめさせていただきました!

是非、本記事を読んでいただきご興味もっていただいた方は
LINE広告運用に取り組んでみてください!

もう今すぐにでも始めたい!!

もっと深い部分が知りたかった、、、

バリュークリエーションの実績・実例を教えて!
など、お困りのこと・気になることがあればお気軽にご相談くださいませ!

この記事についてより詳しく相談する

お名前必須
会社名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須

【個人情報の取り扱いについて】
・入力フォームでご提供いただく個人情報は、お申込み情報やお問合せに適切に回答し、管理するために利用します。
・当個人情報を第三者に提供することはありません。
・当個人情報の取扱いを委託することがあります。
委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止
(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
・任意項目の情報のご提供がない場合、最適なご回答ができない場合があります。
・クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

<個人情報苦情及び相談窓口>
バリュークリエーション株式会社
個人情報保護管理者:管理部 個人情報保護担当
TEL:03-5468-6877
FAX:03-5468-6455
E-mail:info@value-creation.jp

電話受付時間:平日 午前9:30〜午後6:00(年末年始・土日祝を除く)

上記の個人情報のお取り扱いについて同意いただける場合は
「送信する」ボタンを押してください。

  • Google Adwords 認定資格取得者41名
  • X(旧Twitter)認定代理店
  • TikTok for Business Gold

    2023年第1四半期取得
    2023年第2四半期取得
    2023年第4四半期取得

  • TikTok for Business Silver

    2023年第3四半期取得

  • Meta Business Partner
  • SmartNews	Ads Partner
  • Pinterest Advertising Essentials
  • 景表法・特商法 広告遵守団体認証 KTAA団体認証。2023年9月8日
  • 薬機法 医療法 遵守広告代理店認証 YMAA団体認証。2023年9月8日
  • スムーズビズ
  • 時差Biz
  • 日本を元気にする企業