• HOME    
  • マーケティング情報    
  • 【Google広告】事前準備必須!類似セグメントの代わりに使えるオーディエンス設定をご紹介

KNOWLEDGE

【Google広告】事前準備必須!類似セグメントの代わりに使えるオーディエンス設定をご紹介

Google広告では、2023年5月1日より、オーディエンスターゲティングにある「類似セグメント」
が活用できなくなりますが、ご存じでしたでしょうか?

5月には既存キャンペーンやグループに類似セグメントが追加できなくなり、8月には類似セグメントを使用した広告グループが削除される旨がGoogle広告から発表されています。
※詳細はこちら
Google広告ヘルプ:オーディエンス ターゲティングに関する変更: Google 広告の類似ユーザー機能(別称「類似セグメント」)がサポートされなくなります

今回は、今現在も「類似セグメント」を使用して広告を運用されている方向けに、終了までにどのように対応したらいいかをまとめてみました!

1.類似セグメントはなぜサポート終了になるのか

類似セグメントはGoogle広告のオーディエンスターゲティングの1つで、ウェブサイトにアクセスしたことのあるユーザーや既存顧客と類似する新たなユーザーへリーチできるターゲティングです。
リマーケティングとは違い、あくまでも属性や関心が「似ている行動をしている人」がターゲットになるため、新たなユーザーへ配信が可能になっています。

今回の類似セグメント終了に関しては、サードパーティCookieの段階的な廃止に伴ってプライバシーに配慮した戦略が必要になったことでサポート終了に向かうことになりました。Googleではその代わりとして、プライバシー保護を中心にしつつ活用可能な自動化ソリューションを推奨しています。

2.類似セグメント終了までのスケジュール

セグメント終了までのスケジュールは以下になっています。

2023年5月1日

できなくなること
・既存キャンペーン・広告グループへの追加
・類似セグメントに基づくコンバージョン値のルール作成

引き続きできること
・5月1日以前にキャンペーンやグループに関連づけられている既存の類似セグメントへの配信
・5月1日以前に設定されているコンバージョン値のルール

2023年8月1日

・全てのキャンペーン・広告グループより類似セグメントが削除
 ※キャンペーン、グループごと消えてしまう可能性があるため注意!
・ターゲティング、レポート作成への使用不可
・そもそもGoogle広告に表示されなくなる
・類似セグメントを使用するコンバージョン値のルールの適用終了

※過去のレポートは継続して使用可能

3.類似セグメントの代替に使えるオーディエンス設定

ここまで類似セグメントの廃止について見てきましたが、現在利用されている方などはどうしたらいいのでしょうか…?

Google広告で推奨されている代替のオーディエンス設定は主に以下になっています。

3.1検索キャンペーン・通常のショッピングキャンペーン

検索・ショッピングキャンペーンでは「スマート自動入札」の利用が推奨されています。

スマート自動入札は高度な機械学習に基づいて目的ごとに入札を最適化する入札戦略です。

自動入札の際はデバイスや所在地、リマーケティングリストなどのシグナルを考慮して学習が進むため、類似オーディエンスセグメントに近いユーザーに配信することができます。

参考:スマート自動入札

3.2ディスプレイキャンペーン・ファインドキャンペーン・動画アクションキャンペーン

ディスプレイ・ファインド・動画アクションキャンペーンでは「最適化されたターゲティング」の使用が推奨されています。

最適化されたターゲティングはランディングページやクリエイティブアセットのキーワードなどの情報からキャンペーン目標を達成できそうなオーディエンスをターゲティングする機能です。

最適化されたターゲティングに自社データなどのオーディエンスセグメントを追加することも可能なため、類似する条件のユーザーへ配信が可能になります。

最適化されたターゲティングはキャンペーンごとに拡張範囲が異なります。また、どこに拡張されたか確認することができないため、意図しない配信先へ配信されることがあります。

活用する際は注意して活用してみてください。

参考:最適化されたターゲティング

3.2ディスプレイキャンペーン・ファインドキャンペーン・動画アクションキャンペーン

Youtube(認知度向上・リーチを目的とした動画、比較検討を促す動画)ではオーディエンス拡張」が推奨されています。

オーディエンス拡張機能を使用すると、よりビジネスにとって重要なユーザーへのリーチが自動的に拡大されるため、関連性の高いユーザーへの配信が可能になります。

参考:オーディエンス拡張

4.類似セグメント終了前に代替設定で準備しておきましょう

いかがでしたでしょうか?

上記で紹介した代替設定のほか、自社のデータを活用できる「カスタマーマッチ」の利用もいいかもしれません。
※カスタマーマッチは使用に条件があります。詳細はこちらをご覧ください。

まずは変更がある前に、今一度配信している広告を見直してみることをおすすめします!

 

実際に類似セグメントを使って運用しているけど、どのように変更すべきか分からない…

設定を変更したいが時間がなく、対応できない…

 

などでお悩みの方は下記よりお問い合わせください。

 

この記事についてより詳しく相談する

お名前必須
会社名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須

【個人情報の取り扱いについて】
・入力フォームでご提供いただく個人情報は、お申込み情報やお問合せに適切に回答し、管理するために利用します。
・当個人情報を第三者に提供することはありません。
・当個人情報の取扱いを委託することがあります。
委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止
(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
・任意項目の情報のご提供がない場合、最適なご回答ができない場合があります。
・クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

<個人情報苦情及び相談窓口>
バリュークリエーション株式会社
個人情報保護管理者:管理部 個人情報保護担当
TEL:03-5468-6877
FAX:03-5468-6455
E-mail:info@value-creation.jp

電話受付時間:平日 午前9:30〜午後6:00(年末年始・土日祝を除く)

上記の個人情報のお取り扱いについて同意いただける場合は
「送信する」ボタンを押してください。

  • Google Adwords 認定資格取得者41名
  • X(旧Twitter)認定代理店
  • TikTok for Business Gold

    2023年第1四半期取得
    2023年第2四半期取得
    2023年第4四半期取得

  • TikTok for Business Silver

    2023年第3四半期取得

  • Meta Business Partner
  • SmartNews	Ads Partner
  • Pinterest Advertising Essentials
  • 景表法・特商法 広告遵守団体認証 KTAA団体認証。2023年9月8日
  • 薬機法 医療法 遵守広告代理店認証 YMAA団体認証。2023年9月8日
  • スムーズビズ
  • 時差Biz
  • 日本を元気にする企業