KNOWLEDGE

【最新アップデート】 カルーセル広告がYDAでも配信可能に!

Yahoo!広告のディスプレイ広告にて2021年7月27日から、
『カルーセル広告』の提供が開始しました!

カルーセル広告は、現在facebook広告・Instagram広告・LINE広告などの
SNS広告を中心に配信がされている広告フォーマットで、
複数枚の画像を組み合わせて表示することができます。

そのカルーセル広告が、とうとうYDAでも利用が可能になります!

YDAでも他媒体みたいに、
カルーセル広告が使えたらなぁと思われていた方は多いのではないでしょうか?

カルーセル広告は複数の画像を組み合わせて配信ができるということで、
複数の商品やサービスを展開している企業が利用していることが多い広告フォーマットになります。

【YDAって何?】新しくなったYahoo!ディスプレイ広告

1.YDAの『カルーセル広告』とは?

YDAのカルーセル広告のイメージは下記の通りです。

このような広告、見たことあるよ!という方は多いのではないでしょうか?
指で画像をスワイプすると、次の画像が出てくる広告ですね。

LINEやInstagramでよく目にすることがあるかと思います。
最小2枚から最大10枚までの異なる画像の設定が可能なので、
様々な見せ方ができるフォーマットです。

2.カルーセル広告のメリット

カルーセル広告がどんなものか把握した上で、
カルーセル広告のメリットを上げさせて頂きます。

いくつかメリットはあるのですが、主に下記3つが良くあげられます。

①商品の使い方や、サービスの流れを見せられる

画像を複数枚利用することで、商品の使い方やサービスの流れを説明できます。
通常の広告の場合、画像や動画1枚しか設定できないことが多いので、
情報を詰め込みすぎて、伝えたいことが分かりにくくなってしまうことがあります。
しかし、カルーセル広告を活用することで、商品の使い方やサービスの流れを分かりやすく伝えることができます。

②機能を1つ1つ説明できる

複数枚の画像を利用することで、商品、サービスの機能をそれぞれ説明することができます。
画像を用いて細かく説明ができるため、機能をより詳しく訴求しやすくなります。

③商品カタログのように複数の商品を紹介できる

商品カタログのように商品を並べることで、
ユーザーは好きな商品を選んでクリックし、詳細ページを見ることができます。

通常の広告の場合、商品画像1枚でそれがユーザーの好みのものではない場合、クリックされることはありません。
しかし商品を複数並べることで、ユーザーが好む商品を訴求できる可能性が高まります。

3.クリエイティブ規定

画像

アスペクト比   :1:1
最小ピクセルサイズ:600px×600px
ファイル容量   :最大3MB
ファイル形式   :GIF89a、JPEG、PNG
入稿時注意事項  :ファイルサイズが150KBを超える場合、入稿時に圧縮されます。
          かつ、ピクセルサイズが最小ピクセルサイズを超える場合は、
          圧縮と同時にリサイズされます。

ロゴ画像

最小ピクセルサイズ:600px×600px
ファイル容量   :最大3MB

タイトル・説明文の文字数

タイトル :20文字以内
説明文  :38文字以内

表示URL・リンク先URL

表示URL   :4~29文字
リンク先URL :1024文字以内

4.カルーセル広告の注意点

メリットだけでなく、もちろん運用上の注意点もありますので、
特に下記の4点を注意しましょう。

①キャンペーンの目的が限られる
 カルーセル広告を使用するにあたり、下記のキャンペーンのいずれかである必要があります。
・コンバージョン
・サイト誘導
・アプリ訴求

動画には未対応のため、静止画である必要があります。

最後のカルーセルカードはロゴになるため、ロゴの入稿は必須

④現状、配信面はスマートフォン版のYahooニュース面のみ

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、まだリリースされて1ヵ月ほどの、
YDAカルーセル広告についてご紹介いたしました!

最近Yahoo!Newsを見るとちらほらカルーセル広告を見かけるようになったので、
ユーザーの目新しさがある今、出稿してみるのも良いかと存じます。

少しでも気になった場合は、
ぜひ、お試しください!

 

 

この記事についてより詳しく相談する

お名前必須
会社名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須
  • Facebook Marketing Partner
  • Excellent Performer Award 優秀パートナー10社に選ばれました
  • facebook SMB広告代理店
  • ベストベンチャー100
  • マーケティング情報
  • LINE