• HOME    
  • マーケティング情報    
  • 【Google検索広告】スマート自動入札戦略「コンバージョン数の最大化」導入時に考慮すべきこと5選!

KNOWLEDGE

【Google検索広告】スマート自動入札戦略「コンバージョン数の最大化」導入時に考慮すべきこと5選!

Google検索広告を運用している皆さん!

検索広告でスマート自動入札戦略「コンバージョン数の最大化」を導入してますか?

もし、これからスマート自動入札戦略「コンバージョン数の最大化」を導入しようと考えていましたら、本記事を読んで頂き、広告効果をより高めて頂ければと思います!

1.Google検索広告のスマート自動入札戦略とは?

スマート自動入札とは、機械学習に基づいてコンバージョン数重視またはコンバージョン値重視の最適化をオークションごとに実施出来る入札戦略です。目標コンバージョン単価、目標広告費用対効果、コンバージョン数の最大化、コンバージョン値の最大化はいずれもスマート自動入札戦略です。Google広告ヘルプページより引用)

上記の通り、スマート自動入札戦略を適用することで、機械学習に基づいてオークションが実施されるため、より高い広告配信効果が期待出来ます。

本記事では、限られた予算内でコンバージョン数を増やすことを目的としたスマート自動入札戦略「コンバージョン数の最大化」の導入時に考慮すべきことを解説していきます。

※スマート自動入札戦略「コンバージョン数の最大化」の仕様に関しては、各リンク先のGoogleヘルプページをご参照くださいませ。

2.スマート自動入札戦略「コンバージョン数の最大化」導入時に考慮すべきこと5選

①目標コンバージョン単価の設定

コンバージョン1件あたりの獲得単価が決まっている場合は、目標コンバージョン単価を設定しましょう!

目標コンバージョン単価を設定することで、目標コンバージョン単価を維持しながらコンバージョン数が最大化されるようになります。

※注意:目標コンバージョン単価を設定しなければ、予算内でコンバージョン数が最大化になるよう配信されます。

②配信ターゲットの選定

広告配信効果の高いターゲットに絞って、スマート自動入札を実装しましょう!

過去の配信データに基づいて機械学習が働くため、広告配信効果の高いターゲットに絞る(≒広告配信効果の低いターゲットに配信しない)ことで、より高い広告配信効果が期待出来ます。

また、既に配信地域やユーザー属性に対して入札単価調整比率を設定している場合は、適応されませんのでご注意ください!配信したくない地域やユーザー属性は除外設定しておきましょう!

※デバイスの除外設定は、入札単価調整比率「-100%」に設定することで除外設定可能になります。

参考URL:https://support.google.com/google-ads/answer/2732132?hl=ja#zippy=

③スマート自動入札戦略の導入目安CV数

過去1ヵ月以上でコンバージョン数30件以上獲得後に、スマート自動入札戦略「コンバージョン数の最大化」を実装しましょう!

スマート自動入札「コンバージョン数の最大化」では、過去の配信データに基づいて最適化が行われます!

より掲載結果を正確に評価するため、過去1ヵ月以上でコンバージョン数30件以上獲得をGoogleが推奨しております!

④テスト機能でスマート自動入札戦略導入

スマート自動入札戦略の導入で、意図しない自動調整がされるのではないか?と不安を抱いている方は、まずキャンペーンのテスト機能*1を用いて、スマート自動入札戦略と手動入札戦略を並走させましょう!

*1:キャンペーンのテスト機能に関する詳細は、こちらの記事で詳しく解説しておりますので、ご参照くださいませ!

キャンペーンのテスト機能を用いて、キャンペーンを複製することで、スマート自動入札戦略と手動入札戦略を並走させることが可能です!

※注意:キャンペーンのテスト機能で複製したキャンペーンでスマート自動入札戦略を導入すると、複製元のキャンペーンの過去配信データを元に学習されません!(≒学習がゼロスタートになります!)

なので、過去の配信データを元に学習をさせたい場合は、複製元のキャンペーンの入札戦略を「手動入札戦略」⇒「スマート自動入札戦略」に変更することを推奨します!

⑤部分一致KWとレスポンシブ検索広告を配信

スマート自動入札戦略と合わせて、部分一致KWとレスポンシブ検索広告を配信することを推奨します!

部分一致KWの配信で、より広範囲のユーザーにリーチができ、かつスマート自動入札戦略と組み合わせることで、成果の見込まれる検索に対してより適切な入札が行われます!

あわせて、レスポンシブ検索広告を配信することで、より検索語句と関連性の高い広告が表示されます!

3.最後に:スマート自動入札戦略で広告効果改善

本記事を読んで、スマート自動入札戦略を導入してみようと考えて頂けたら幸いです!

また弊社では、WEB広告のノウハウが豊富な運用者が多数在籍しており、クライアント様のWEB集客活動をご支援しております!

ぜひ下記よりお問い合わせくださいませ!

この記事についてより詳しく相談する

お名前必須
会社名必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須

【個人情報の取り扱いについて】
・入力フォームでご提供いただく個人情報は、お申込み情報やお問合せに適切に回答し、管理するために利用します。
・当個人情報を第三者に提供することはありません。
・当個人情報の取扱いを委託することがあります。
委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
・当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止
(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
・任意項目の情報のご提供がない場合、最適なご回答ができない場合があります。
・クッキーやウェブビーコン等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行っておりません。

<個人情報苦情及び相談窓口>
バリュークリエーション株式会社
個人情報保護管理者:管理部 個人情報保護担当
TEL:03-5468-6877
FAX:03-5468-6455
E-mail:info@value-creation.jp

電話受付時間:平日 午前9:30〜午後6:00(年末年始・土日祝を除く)

上記の個人情報のお取り扱いについて同意いただける場合は
「送信する」ボタンを押してください。

  • Google Adwords 認定資格取得者31名
  • X(旧Twitter)認定代理店
  • TikTok for Business Gold

    2023年第1四半期取得
    2023年第2四半期取得

  • TikTok for Business Silver

    2023年第3四半期取得

  • Meta Business Partner
  • SmartNews	Ads Partner
  • Pinterest Advertising Essentials
  • 景表法・特商法 広告遵守団体認証 KTAA団体認証。2023年9月8日
  • 薬機法 医療法 遵守広告代理店認証 YMAA団体認証。2023年9月8日
  • JICDAQ(一般社団法人デジタル広告品質認証機構)による認証の取得。ブランドセーフティ認証
  • JICDAQ(一般社団法人デジタル広告品質認証機構)による認証の取得。無効トラフィック対策認証
  • ANABロゴマーク
    IS 761819 / ISO 27001
  • LINE
  • YAHOO! JAPAN マーケティングソリューション セールスパートナー